CBDを身近に
植物ベースのウェルネス

カンナビスは、多くの神聖なハーブと同様に、多くの先住民族文化の中で古くから薬として使われてきました。カンナビスは社会的にも政治的にも様々な議論を呼んでいる植物ですが、現在、西洋社会ではカンナビスに含まれるそれぞれの化合物について、最新テクノロジーを用いた科学的研究が行われ、その治療効果が再評価されています。The Alchemist’s Kitchenは、さらなる研究の必要性について強く賛同します。

カンナビス業界は急速に変化しており、取り組むべき課題も多く、おびただしい量の情報に追いつくのが困難な状況にあります。研究は常に発展を続けていますので、お客様におかれましては、CBDのWisdomページ(近日公開予定)などもご参考の上、CBDについて学び、最新情報を入手するよう強くお勧めします。

ヘンプ由来CBD製品の販売に関するFAQを是非お読みください。The Alchemist's Kitchenは、CBDや、CBG/CBN/THCなどのカンナビノイド類(ただしこれらに限定されない)の効能について、一切主張するものではありません。

私たちは「U.S. Hemp Roundtable(米国ヘンプ会議)」および質の高い情報を提供している「Project CBD(プロジェクトCBD)」を支援しています。この画面を下にスクロールすると、CBDについて知っていただきたい情報をまとめたFAQをご覧になれます。または、ここをクリックしてください。

目的に合わせてCBDを使用する

Women receiving massage for pain

慢性的な痛み

アメリカでは成人の20%以上が慢性的な痛みに苦しんでいます。それは一体何が原因で、どう対処したらよいでしょうか?最新の研究では、CBDがその解決策となるかもしれないということがわかってきました。

Women Sleeping

睡眠

CBDとメラトニンは、睡眠パターンを改善するために、合わせて使用されることが増えてきています。メラトニンはCBDとどのように連携して体を調節するのでしょうか?

Holding Hands

メンタルヘルス

PTSDや不安症のホリスティックな治療において、神聖な植物やアダプトゲン、CBDがどう役立つのかについてご紹介します。

Plant Alchemy CBD

The Alchemist's Kitchenと熟練のハーバリストが、
頭痛、不眠症、ストレスなどのよくある不調に効果をもたらし、
西洋薬の錠剤やカプセルの代わりにご利用いただける植物由来の製品をお届けします。

使いやすいCBD製品


オイル & ティンクチャー

CBD舌下用濃縮オイルは、摂取量を少しずつコントロールしたい場合に適した、バイオアベイラビリティの高い製品です。このオイルは、オーガニック栽培の花を原料とし、ごく少量のバッチで抽出された、天然テルペンと植物カンナビノイドを最大限に含んだフルスペクトル・ホールプラント処方です。CBDオイルには向精神性や中毒性はなく、筋肉や関節の違和感、炎症、不安、痛みを和らげてくれます。毎日の習慣として取り入れやすく、摂取量も簡単に調節できます。


カプセル

カプセルタイプのCBDは、一番効き目が遅いと言われますが、速いだけが良いとは限りません。決まった量が事前に配合されているカプセルは、摂取量を正確にコントロールしながらお使いいただけます。不眠症、慢性的な痛み全般、消化器系の症状の緩和に最適です。CBD配合カプセルや食品からCBDを摂取すると、体内への放出はゆっくりですが、効果は少なくとも4時間から最大12時間まで持続します。


塗布製品

軟膏やバームなどの外用剤に配合されるCBDオイルは、身体の局所的な痛み、腫れ、炎症に高い効果を発揮します。クリームやローションの場合は、簡単に皮膚に直接塗布でき、筋肉や関節をマッサージするのに使用します。ローションまたはクリームは、急性炎症、関節や筋肉などの局所的な痛み、発赤、にきび、湿疹などの皮膚の炎症を緩和します。用途や使用方法にもよりますが、2〜3時間は効果が持続します。

CBDに関するFAQ

CBDとは何ですか?

カンナビジオール(CBD)は、カンナビスという植物に含まれる非精神活性かつ非中毒性の成分で、健康回復に絶大な可能性を秘めています。まだ科学的研究と臨床試験の初期段階にあるCBDですが、ストレス、不安、筋肉の違和感や関節痛の根本原因となっている炎症などの緩和にさまざまな形で利用できる可能性を示すエビデンスが増えてきています。

科学的研究によるCBDについての所見は?

ありがたいことに、現在さまざまな症状や疾患に対するCBDの効能を調査する研究センターが米国内外を問わず増えてきています。研究者らは、CBDを「八方美人な」化合物と呼んでいます。これは、生理学的・生物学的な人体機能に深いレベルで関与しながら、さまざまな機序で治療効果をもたらすためです。広範な前臨床研究と複数の臨床研究により、CBDには強力な抗酸化作用、抗炎症作用、抗うつ作用、および神経保護作用があることが示されています。フルスペクトルCBDオイルを扱った最も重要な研究の1つに、2015年にエルサレム・ヘブライ大学ハダサ校が行なった調査があります。その研究ではフルスペクトルの濃縮CBDオイルとCBDのみを含むオイルの性能を比較しました。その結果、フルスペクトルのほうが痛みや炎症に対しての効果が高いことが判明したのです。

CBDアイソレートとフルスペクトルの違いは何ですか?

CBDアイソレートとは、言葉どおり、純度100%のCBD分離化合物のことです。白みがかった粉末で、他の有効な薬効成分は含まれません。

一方、フルスペクトルCBDには、CBDの他に多くの活性植物性化学物質が含まれています。例えば、CBG、CBN、CBCなどのカンナビノイド類や、ピネン、リモネン、リナロール、フムレンなどのテルペンなどです。テルペンは、カンナビス独特の香りの元となる植物性化学物質です。テルペンは少量でもカンナビノイドと非常に高い相乗効果を発揮し、身体を治癒する薬効をもたらします。

これまでかなり長い間、科学者や医師は、植物から抽出されたエキスの精製度が低いほど効果が高く、これはアントラージュ効果と呼ばれる相乗効果によるものであると考えてきました。イスラエルの科学者Shimon Ben-ShabatとRaphael Mechoulamによって1998年に初めて公開された論文によると、Cannabis sativaに含まれる複数のカンナビノイドとテルペンは、実際に調和して作用しており、単独で使用された場合よりも効果が高いというアントラージュ効果が確認されたと述べられています。カンナビスに関しては、「完全体としての1は、部分を合計した結果の1よりも大きい」ということです。

CBDを摂取するためのベストな方法は何ですか?

CBDが豊富なカンナビスオイル製品は、舌下、経口摂取(食品、トローチ、飲料、ティンクチャー、ジェルカプセルなど)、または外用して摂取できます。濃縮CBDオイルエキスは、ベープペンで加熱して吸入することもできます。

吸入は、こまめにケアをしておきたい毎日のストレスの治療に適しています。効果は短時間で表れ、通常は数時間持続します。CBDが豊富なカンナビスオイルを経口摂取した場合の効果は4時間以上持続しますが、効果の発現は吸入よりもはるかに遅くなります(30〜90分)。

CBDの最適な摂取量はどれくらいですか?

効果的な投与量は、CBD強化カンナビスオイルならわずか数ミリグラムからスポイト1杯分程度です。まずは少量の濃縮CBDから試してください。わずかな摂取量に適した処方になっていますので、必要に応じてだんだんと増やすことができます。1日1回、多めに服用するより、少量を数回にわけて服用することをお勧めします。同じ回数、同じ用量を数日間続けてみましょう。効き目を観察し、必要に応じて回数や量を調整します。摂り過ぎは禁物です。

効果には個人差があります。テストのつもりで安全に配慮して調整していくことで、より良い効果が得られるでしょう。また、CBDには既知の有害な副作用はありませんが、多く摂り過ぎても、中程度の用量の場合よりも効果が低くなる可能性があります。「少ない方が効果が高い」という現象は、カンナビスセラピーではよくあることです。

CBDを他の処方薬と一緒に使うことはできますか?

CBDは非常に安全な植物性化合物ですが、他の薬を服用している方は、飲み合わせについて医師に確認してください。単一分子CBD製品を高用量摂取する場合は他の薬物との相互作用がある可能性が高くなります。

CBDは合法ですか?

The Alchemist's KitchenのCBD製品は正規のルートをたどって輸入されているので安心してご購入いただけます。
また、THC含有量0%の製品を日本向けに特別に開発し提供しています。

Plant AlchemyのCBDはどこで生産されていますか?

The Alchemist's Kitchenで使われる植物は、コロラド州とニューヨーク州の屋外農場と温室環境の両方で栽培されています。ヘンプは、有機栽培の原則のもと、生きた土壌で、厳選された有機肥料を用い、ニューヨーク州とコロラド農務省による各種規制に準拠して栽培されています。栽培しているカンナビスは、現存する品種の中でも最高級のCBDを含有する品種です。

Plant AlchemyのCBD製品の抽出はどのようにおこなわれるのですか?

エキスはすべて、最先端のラボで精製されており、残留溶媒のない純度の高いオイルです。抽出施設は、コロラド州でも非常に数少ない認可・承認を受けた施設の一つで、ホールプラント処方、非向精神性、非中毒性のカンナビノイド抽出プロセスを専門としています。

Plant AlchemyのCBD製品はオーガニックですか?

はい、そのとおりです。すべての植物を、生きた土壌を用いた本物のオーガニック栽培法で育てています。植物の命を育む良い土壌づくりを心がけています。

Plant AlchemyのCBD製品はサスティナブルな方法で作られていますか?

土壌改良材の輸送により国内/世界全体で排出される炭素の影響を考慮し、可能な限り地元の材料を活用しています。栽培環境は、閉ループの持続型農業の原則に基づいて運営されており、可能な限りリサイクル・リユースが実践されています。

Plant AlchemyのCBD製品には農薬は使われていませんか?

The Alchemist's Kitchenは、植物そのものであれ濃縮オイルであれ、製品の純度と一貫性に誇りを持っています。使用するすべてのエッセンシャルオイルと生物由来の農薬はOMRI認証を取得済みで、非中毒性です。すべての製品に第三者機関にて様々な検査手法による検査・検証を実施しており、また、すべての製品は農薬、菌類、有害な微生物を含んでいません。

Plant AlchemyのCBDの用量はどのくらいですか?

現在、フルスペクトルのオーガニックヘンプ由来CBD濃縮オイルについて効能を4つのレベルで示しています。カンナビジオールの濃度は、現在市場に出回っているほとんどの外国産ヘンプ製品の4倍となります。
Plant Alchemy濃縮オイルの推奨用量中の有効成分量は、各濃度の滴下量ごとに以下のとおりとなります。
  • 165 mg、330 mg、500 mg: 1滴あたりおよそ2 mg
  • 750 mg: 1滴あたりおよそ3 mg
  • 1,000 mg: 1滴あたりおよそ4 mg
  • 1,500 mg: 1滴あたりおよそ5 mg(高用量の新製品)
ポイント
×